勉強時間の管理も大事だが、休憩時間の管理も大事

これまで公認会計士試験は勉強時間の管理が大切とお話ししてきました。

過去記事>>公認会計士試験に合格したければストップウォッチを買え!!

勉強時間の管理と匹敵するくらい大事なのが休憩時間の管理です。

今回は休憩時間の管理についてお話しします。

休憩時間管理してる?

みなさん、休憩時間管理していますか?

学校の授業の場合、時間割があり勉強時間と休憩時間が強制的に管理されていたと思います。

しかし、公認会計士試験のような資格試験の場合、勉強時間も休憩時間も自身の裁量によって決めなければなりません。

そのため、10分の休憩のつもりが1時間の休憩となってしまった経験がある人は多いのではないでしょうか。

休憩時間が増えれば、当然勉強時間が減ります。

だからこそ、休憩時間は管理しなければなりません。

どのように休憩時間を管理する?

休憩時間はタイマーを使って管理しましょう。

あらかじめ1.5時間勉強したら10分休憩などと自分のルールを設定します。

そして、休憩に入る時に休憩時間をタイマーでセットしてください。

そうすることで、休憩時間に拘束力がでてきてダラダラと休憩することを防止することができます。

タイマーならAlexaが簡単で便利

タイマーはストップウォッチやスマホで設定できますが、どれも操作がめんどくさいです。

そこで登場するのがAlexaです。

Alexaなら一言、『Alexa、10分のタイマーセット』でタイマーが開始します。

とても簡単で、瞬時にタイマーをセットすることができます。

まとめ

勉強時間の管理と休憩時間の管理をしましょう。

休憩時間はタイマーを使って拘束力を持たせる。おすすめのタイマーはAlexa!